医療保険についての基礎知識


医療保険とは、医療機関の受診により発生した医療費について、その一部または全部を保険者が給付する仕組みの保険です。高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的とし、長期の入院や先端技術による治療などの伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるため、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が圧迫されることを防ぐため、被保険者の自己負担割合や自己負担金が定められていたり、あらかじめ補償範囲が制限されていたりすることが多く、強制加入の公的医療保険と、任意加入の民間の2種類に分けられます。あらかじめ被保険者の範囲が行政によって定められている制度であり、日本では「国民皆保険」とされ、生活保護の受給者などの一部を除く日本国内に住所を有する全国民、および1年以上の在留資格がある外国人は何らかの形で公的医療保険に加入するように定められています。日本で最初の健康保険制度は、第一次世界大戦以後の1922年(大正11年)に始めて制定され、1927年(昭和2年)に施行されました。本は鉱山労働者などの危険な事業につく労働者の組合から始まったこの制度は徐々にその対象を広げ、市町村などが運営する国民健康保険制度の整備により「国民皆保険」が達成されたのは1961年(昭和36年)です。国民健康保険は、全ての個人事業主、協会管轄健保の任意適用事業所とする認可を受けていない個人事業主の従業員、無職者が加入することになっています。