医療保険の種類とその利用


医療保険とは、病気、怪我などで病院で入院、治療したときにかかる費用を少なくするための保険商品です。大きく2つに別けられます。1つは、公的機関が行っている保険です。もう1つは民間の保険です。公的期間が行っている保険は、保険料は収入によって異なりますが、サービスは一定なのです。誰でも加入できるのが大きなメリットです。公的な保険は加入に審査があります。病気持ちの人、過去に大病を患った人は加入できないのです。保険料は保障内容、年齢によって異なります。十分な保障を希望するのであれば、保険料も高くなります。公的保険は通院程度の病気であれば全然問題ない無いですし、ちょっとした入院でもある程度、費用負担が軽減されます。しかし、手術、癌治療など、長期の入院を必要とした病気、怪我であったり、高度な治療、高額な薬を必要とする病気、怪我では公的な保険だけでは負担できないのです。例えば外科的な手術などですと、手術費用だけでも数十万円かかることも珍しくありませんし、その後の入院、リハビリ、通院と治療にかかる費用は数十万円にもなります。公的な保険でもある程度はサポートはりますが、それ以外に自己負担が多くなるのです。病気で入院すると、その期間は働くことが出来ず、収入が途絶えてしまい、治療費が払えない、払ったらその後の生活が大変になるケースがあります。公的な保険はそういった生活サポートのため保険であるのです。病気は自分だけでなく、家族も大変になります。医療保険に加入して費用の心配だけでも無いようにしておくことがいいでしょう。

Comments are closed.