医療保険は健康だから加入できる


医療保険に入るべきかどうかという議論はよくありますが、一つだけはっきり言えることは健康でなければ加入できないということです。若いときに加入していたほうがいいとも言われますが、若いときに加入すると保険料も安くで済みます。そしてほとんどの人が健康であるからです。若いから病気にならないので不要だと考える人もいます。しかし、若いから加入しやすいのも事実です。当然人間は歳をとりますが、年齢が高齢になれば保険料が高いだけではありません。高齢になればなるほど保険に加入しにくいという問題も生じます。もちろん若いうちは健康でもお金がない人が多いでしょう。ある程度の年齢になればそれなりの預貯金もあり経済的に余裕がでてくるはずですが、保険料の負担は高くなります。どちらがいいかは別として、あくまでも保険はもしものために加入するものですので、保険料の支払いが負担になり、貯金がなくなってしまっては意味がありません。 医療保険は加入していたほうがいいと思うけど保険料がと考えるなら、まずは保障内容を引き下げて、保険料を安くして加入する方法もあります。それでも加入はしているので、ひとまずは安心できるはずです。 保険はマイホームに次ぐ高い買い物であるといわれます。毎月の保険料は安くても長い年月をかけて支払いをするので支払総額は高額になるのです。自分のニーズをよく考えて無理のない支払い計画を考えることが一番大切な事なのです。

Comments are closed.