医療保険が必要かどうか


 医療保険が必要かどうかは利用者の考え方で大きく違います。医療保険加入へ反対する人は、お金持ちの方、あるいは健康保険制度などの仕組みをよく理解している方、健康な方などです。 お金持ちの方ははっきり言って必要はありません。保険はあくまでももしものために加入するものです。もしものことで困る人を救済するために皆掛け金を負担しているのです。もしものことがあって入院してもお金には困らないと断言できるなら無理に加入する必要もありません。 健康保険などに詳しい方については、高額療養費制度を知っている方です。病院の窓口で医療費の支払いをしたことは誰もが経験あるはずですが、そこで支払いする金額はほとんどの人が医療費の3割です。医療費が1万円なら3,000円を窓口で支払います。月に1回ぐらいなら、無理に保険に加入する必要もない金額です。しかし、これが1週間、1ヶ月と長引けば話は変わります。さすがに月で9万円の負担となると問題です。しかし、実際に9万円窓口で支払いをしてもそれ以上に医療費を負担することはないのです。つまり一ヶ月で負担する上限が決まっているのです。9万円の負担を回避するために保険に加入するかどうかです。9万円という数字はあくまでも平均的な所得のある人です。この上限は年齢と所得により多少異なりますが、ほとんどの人は上限額は約9万円となります。 そして一番良くない考え方で健康だからと加入しない人がいます。健康だか加入ができるのです。

Comments are closed.